menu

COOL FRYER

お知らせ
2019/08/12

油の消費量削減を実現するクールフライヤー技術、食用油業界を敵に回すのか?

油の劣化抑制性能試験では、クールフライヤーの劣化抑制性能の高さを証明することができました。それに対して何人かの方から「食用油業界を敵に回すことになる?」との問い、又はご意見を頂きました。

結論から言うと私は全く逆だと思っています。

なので、すでに3月には大手精油メーカーの1社にコンタクトさせて頂きました。ただその時点では、クールフライヤー技術がどのようなものか説明は出来ても、すぐに信じて頂くことはできませんでした。

油の劣化抑制性能試験の結果も出た今、他の会社に対してを含めて、改めて提案をしたいと考えています。また精油メーカーから当社に連絡を頂ければ話は早いので、そういう期待もしています。

揚げ油の劣化を抑制し消費量を削減する技術であるクールフライヤー。どのような提案をしようとしているのか、について。

今回の実験で油の劣化を抑える技術が証明されました。疑問を持っている方もいると思いますが、再現性は無条件で100%ありますので、時間の問題で広く認められることになると思います。

当社はクールフライヤー技術を製品化します。当社と共にこの技術を利用して製品事業を展開してくれる会社や、独自技術で同等の性能を目指す会社も現れると思います。

一度ハードルが超えられた以上、劣化抑制性能が高いフライヤーへの流れは止められない流れとなるでしょう。

当社が食用精油業界に期待し、提案したい内容は以下です。

◇揚げ調理に適し、健康にも寄与する揚げ調理油製品の開発。

クールフライヤーでは油の消費量が大きく減少します。その分高級な油を使用する余裕が生まれます。例えばですが、オリーブオイルは適しているかも知れません。共同研究も希望しています。

より酸化しにくく、美味しく、健康にも寄与する油が製品化されれば普通の揚げ油からのシフトを起こせると思います。

◇飲食業界が上記製品へシフトするためのプロモーション活動。

告知活動と共にシフトを促すプロモーションを行うことによって、利益率の高い油へのシフトが進みます。

また、提供されるメニューの美味しさが向上すれば揚げ調理メニューの売上が増え、油の消費拡大にもつながります。

これらは精油会社の利益に繋がります。

◇おいしく健康的な揚げ調理を提供する業種・業態開発の支援活動。

全くと言ってよいほど油ハネしないことや、油が劣化しにくいこと、そして美味しさが持続することなどの特長は、新たな業種や業態の開発を容易にします。

魅力的な業種・業態は調理油の消費拡大に繋がります。

◇「作り置き販売」から「注文後調理」へのシフトを共同推進

テイクアウト店では「注文後調理」によって美味しくなり消費が拡大します。それは揚げ油の消費拡大にも繋がります。

何よりフードロスの削減・SDGsにも貢献することになり、企業イメージの向上に繋がります。

◇家庭での揚げ調理を復活・拡大する為の共同プロモーション。

現在、揚げ調理を行わない家庭が増えてしまっています。嫌われる課題が多いからです。

クールフライヤー技術は油槽の大きさの自由度が高く、簡易で安価な家庭用フライヤーを実現します。

そして揚げ調理が嫌われている要因を解決し、また油の保存等を革新する方法も用意しています。

美味しくて健康にも寄与する油製品の効果と合わせて、家庭に揚げ調理を呼び戻し、調理油の消費拡大にも繋がります。

◇クールフライヤーと共に海外市場を開拓。

日本発のクールフライヤー技術ですが、海外でも同様に必要とされている技術です。いち早くクールフライヤーと共に海外の新しい調理油市場を開拓することは、事業の拡大に有効であるはずです。

◇  ◇  ◇

これまでも様々な業界において、技術の進歩によって業界構造が変わりました。そして何も行動しなかった企業は衰退の道を歩みました。

一方、変化をチャンスと捉えた企業は新たな勝者になりました。

油の劣化抑制性能が大きく高まるという変化をチャンスと捉え行動すれば、世界市場での新たな勝者になれる可能性が高まると考えられます。