menu

COOL FRYER

お知らせ
2019/02/20

マッキー牧本さんが訴えるマグロの真実

前回、コンビニで「注文後調理」が現実になる日、フードロスの解決手段としても有効というnoteを書きましたところ、日経電子版TOPのCOMEMO 「注目の投稿」で取り上げて頂きました。ありがとうございました。

今回は、食文化の課題という繋がりマッキー牧本さんの投稿をシェアさせていただきます。

マグロの漁獲高が減っていることは知っているし、その原因が乱獲だということも知っていました。でも誰が乱獲しているのかと言われれば、日本もかつては乱獲していたけれど今は漁獲を制限しているので、主に他の国に問題があるのではと思っていました。

ところが違うわけですね。自分たちの保身や都合で行政が行われているというわけです。本当なの?とも思いますが、他にもいろいろ事件化する行政の問題と根っこは同じだと考えれば、腑に落ちるところでもあります。

国際的な反捕鯨の流れに反して、日本はIWCから脱退までして捕鯨を守ろうとしていますが、これも同じ構図なのかもしれないと感じてしまいます。

どのような政策や行為が本当に文化を守り、高めるのか。時代が動いていく中で、自分の頭でしっかり考えて行く必要があると感じました。